運営者情報

この記事の内容

  • 運営者のプロフィール
  • 大家になるまでの2年間
  • 上京不動産を作った理由

しょう(不動産大家×Webライター)

こんにちは!上京不動産を運営している「しょう」です!このページでは、大家になるまでの道のりとサイトを作った経緯を話します。ゆるーい内容なのでぜひ気軽な気持ちで読んでみてください。

2024年4月:上京不動産の月間アクセスが6,000クリックを達成しました。

記事の目次

運営者のプロフィール

2015年3月:日本大学法学部法律学科卒業

東京消防庁の試験に不合格、1年間公務員浪人をして試験に合格

2016年4月:東京消防庁入庁(第696期1組)

2016年10月:赤羽消防署勤務(ポンプ中隊)

化学機動中隊試験に不合格、翌年の選抜試験に合格

2020年4月:本郷消防署勤務(特別消火中隊化学機動中隊

スクロールできます

防火衣

陽圧防護衣

2021年東京五輪チームメンバー

2021年10月:プルデンシャル生命青山第六支社

2022年5月:消防設備シド通商株式会社

2023年11月~現在:不動産大家・Webライター

保有する資格


FP2級合格証書

AFP認定証
資格証明書
  • 証券外務員Ⅰ種
  • 危険物取扱者 (甲種・乙種3・4・5・6類)

危険物取扱者

消防設備士
資格証明書
  • 消防設備士(甲種4類・乙種6類)
  • 毒劇物取扱者
  • エックス線取扱者
  • 潜水士

エックス線取扱者

潜水士
資格証明書

大家までの道のり

大家の道のり

  • 2018年:人生初の部屋探しを失敗
  • 2020年:東京都杉並区の不動産を購入
  • 2020年:部屋探しの費用を10万円安くする
  • 2021年:東京都江東区の不動産を購入
  • 2022年:江東区のマンションを売却

2018年4月:何も分からないまま賃貸契約をして人生初の部屋探しを失敗します。不動産屋は駅前によく見る名前のところでした。

失敗した内容

  • 仲介手数料を家賃1か月分請求された
  • 道路の交通量が多くて騒音がすごかった
  • 入居後に隣の家賃が3,000円高いのを知った

初めての部屋探しは結構散々な結果となりました。特に騒音に関しては

営業マン

近所の住んでいる人しか使わないのでこの辺りは静かです。

と話してくれたので安心して入居したのを覚えています。実際に暮らしてみると、車の交通量が多く騒音に悩まされてしまいました。

2018年5月:気を取り直して不動産の勉強を始めます。次は絶対失敗したくないと思い、賃貸のルールや法律を学びます。もともと勉強するのは好きだったので、ファイナンシャルプランナー宅建など資格に興味を持ちました。

2018年8月:ファイナンシャルプランナー3級の資格を取得

2020年5月:勉強していると不動産大家の存在を始めて知り興味を持ちます。その後、知り合いの紹介やインターネットで検索して50人以上の営業マンと会って話を聞ききます。

質問攻めした不動産会社

不動産の賃貸に関する質問や疑問点を、会ってくれた営業マンに教えてもらいました。なぜ1人に絞らなかったと言うと、部屋探しの失敗から信用していなかったのが理由です。とはいえ、さんざん質問して物件を買わなかった営業マンの方々ごめんなさい…。

2020年8月:2度目の部屋探しで、賃貸の初期費用を20万円安くすることができました。利用した不動産屋は、1回目と同じように駅前でよく見るある不動産屋です。費用を安くできた項目は3つあります。

  • 仲介手数料1ヶ月分(ゼロの不動産屋を選んだ)
  • 礼金・敷金(交渉して礼金0.5か月分になった)
  • 住宅用消火器(自分で消せると思った)

3つの費用を削減して合計20万円安くすることができました。

しょう

人生初の部屋探しの失敗から2年後の見事リベンジを達成したよ。

2020年10月:東京杉並区にあるマンションを日本財託から購入します。

購入した物件と領収書

物件の概要
領収書
不動産売買契約書
年間収支表
不動産の物件概要

話を聞いてもらった日本財託から、東京23区の物件を購入して無事不動産大家になりました。今まで借りていた物件を貸す側に回った瞬間です。

2021年3月:FP2級に合格(AFPを申請)

以前から学習していた、ファイナンシャルプランナーの2級に合格します。

2021年5月:東京都江東区にあるマンションを購入。最寄り駅は東京都江東区にある住吉駅、徒歩3分の好立地の物件でした。かなりいい物件だったので、3分後には「購入したい」と返事したのを覚えています。

物件の概要と年間収支表

外観
収支表

不動産売買契約書
領収書
不動産2件目の物件概要

2022年10月:江東区のマンションを売却する(購入金額より230万円高い)昨年購入した物件を売却します。消防士から転職したフルコミッションの保険営業で手元の貯金が減ってしまったのが理由です。


不動産売買契約書

マンションを購入だけでなく売却した経験は、不動産の知識を深めるためにも非常に良い経験でした。なぜなら不動産は、知識があればお得にできると実感できたからです。

サイトを作った経緯

「部屋探しで失敗する人を救いたい」

そんな思いで上京不動産を作りました、なんて言うったら、何こいつ綺麗ごと言ってると思う人が多いと思います。なぜそう思ったのには、ちゃんと理由があるんです。

  • 人生初の部屋探しで失敗して
  • 初心者が騙されやすい不動産が
  • このまま許されてはいけないと思う

そう思ったからです。6年前に部屋探しで失敗した時、悔しくて裏切られた気持ちでいっぱいでした。でもそこでなにくそと思って不動産の勉強を始めました。

しょう

これから部屋探しもする機会があると思い、次こそは騙されないで部屋探しを成功させると決心しました。

休日に不動産を勉強していると、ある事に気が付いたんです。

部屋探しで失敗したのは、何も知らない自分が悪かった…。

なぜそう思ったかというと、部屋探しはルールが全て決まっていたからです。え、どういうことって思うかもしれませんよね。要は宅建業法(宅地建物取引業法の解釈を参照)っていう法律に、不動産のルールは全部書いてあったんです。

冷静に考えて腑に落ちたのが

  • ルールを知らないまま飛び込んで
  • 営業マンの言われるがままに契約して
  • 部屋探しで成功する確率に方が少ない

そんな風に考えました。部屋探しも同じようにルールや正しいやり方があって、何も分からないでするのは失敗する確率は高いんだなって思いました。

前職が消防士で、困った人を放置したり部屋探しで騙されているのを指をくわえて見ているのはできません。とはいえ、不動産を貸す人と借りる人は相反する関係であると思います。

  • 大家の立場でも伝えられることはあって
  • 部屋探しで騙される人を減らせる

そんな思いで上京不動産を運営しています。部屋探しのやり方と聞くと

へやたろう

なんか面倒くさそう

へやこ

やらなくても大丈夫な気がするけど…

そんな人がいて普通ですし、その気持ちもよく分かります。僕も6年前同じ気持ちで部屋探しをしました。でも、結局失敗して、「あのときやっておけばよかった」と僕と同じようなを後悔してほしくありません。

上京不動産では、部屋探しに必要な知識や方法を

  • イラストを多く載せて
  • 重要な要点もまとまっていて
  • 見るだけで部屋探しの方法が分かる

そんな内容にしています。不動産会社に余計なお金を払わないで、最高の新生活を送ってほしいと心の底から思っています。部屋探しをする人の力になれば幸いです。

つたない文章を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

しょう
不動産大家
1991年生まれ・茨城県出身
大家歴4年目・元消防士
一般財団法人インターネット協会会員
一般社団法人ソフトウェア協会会員
ファイナンシャルプランナー2級
   
25歳で部屋探しを失敗して不動産を勉強すると決心。50人以上の営業マンと会い、騙されやすい業界だと知ります。同時に「知らないと余計なお金を払ってしまう」と痛感しました。

このサイトは【知らないだけで損する人を救いたい】そんな思いから作りました。

SNS:X(旧Twitter)フォロワー350人
賃貸とインターネット回線選びに役立つ情報を発信しています。
記事の目次