東京の一人暮らしに必要な費用はいくら?5つの項目を解説!

こんな人に向けた記事です

  • 東京で一人暮らしする予定がある
  • 東京の一人暮らしに興味がある
  • 費用の内訳が詳しく知りたい

どれか一つでも当てはまったら読む価値があります。

東京で一人暮らしするには家賃だけでなく様々な費用が発生します。なるべくなら費用は抑えたいですね。そうは言っても

  • そもそもどんな費用がかかる?
  • 最低限いくらお金が必要なの?

そんな疑問を持っている方はいませんか?僕も5年前に上京する時は、全く同じ気持ちでいました。事前にどのくらい費用がかかるのかを知っていれば、いざという時に心強いですよね。

そこで当記事は、「東京の一人暮らしに必要な費用と5つの項目」を解説します。この記事を読めば東京の一人暮らしに必要な費用のことがすべて分かります。

しょう

記事を読み終わる頃には、東京で一人暮らしするイメージが鮮明にできるよ。

記事を読んで分かる3つのこと

  • 東京の一人暮しにかかる費用
  • 東京の一人暮しにかかる5項目
  • 東京の一人暮らしのよくある質問3選

この記事を書いた人

運営者 しょう

不動産大家×Webライター

大家歴4年目

・東京23区の不動産大家

賃貸経営4年目・年間家賃300万円

・保有する資格

ファイナンシャルプランナー2級・証券外務員Ⅰ種

SNSのX(旧Twitter)で部屋探しに役立つ情報を発信しています。

しょう@不動産大家×賃貸ブログ

気になる記事があれば、目次をタップするとすぐに本文が読めます。

記事の目次

東京の一人暮らしの費用はいくら?

東京の一人暮らしに必要な費用:50万円100万円

東京の一人暮らしを始めるには50万円~100万円の費用がかかります。なぜこんなにも金額に幅があるのでしょうか?その理由は、「距離」「部屋」「必要な家電」が人それぞれ違うからです。

  • 移動する距離で引っ越し料金が変わる
  • 住む部屋の家賃で入居費用が変わる
  • 必要な家具・家電で金額が変わる

このような理由で必要になる金額は異なってきます。次に50万円と100万円の内訳をみていきましょう。

50万円の内訳100万円の内訳
家賃6万円の初期費用家賃10万円の初期費用
必要最低限の家具・家電十分な家具・家電
毎月10万円の生活毎月15万円の生活
10㎞未満の近場の引っ越し500㎞以上の遠方の引っ越し

入居費用や家具の購入は、調整しやすい部分なのでご自身に合った予算を決めましょう。いずれにしても50万を用意すれば、東京で一人暮らしの生活をスタートすることができます。

目次に戻る

東京の一人暮らしの費用の項目

次に費用の項目について詳しく見ていきます。具体的な内項目をみて「私だったらこうしよう」や「僕ならこうするな」と考えながらご覧ください。

賃貸の初期費用

部屋を借りて住む時には、敷金や礼金などのまとまった費用で初期費用というものがあります。初期費用の目安は新しく住む家賃の5倍~6倍が一般的です。

費用の項目

スクロールできます
項目家賃6万円の初期費用家賃10万円の初期費用家賃8万円の初期費用
敷金6万円10万円8万円
礼金6万円10万円8万円
前家賃6万円10万円8万円
仲介手数料6万円10万円8万円
家賃保証料3万~6万円5万~10万円4万~8万円
鍵交換費用1万~2万円1万~2万円1万~2万円
火災保険料2万円2万円2万円
合計30万~34万円48万~54万円39万~44万円
賃貸の入居費用

家賃6万円と家賃10万円では、初期費用の合計額に18万円以上の差が出ています。これは初期費用が家賃〇ヶ月分といった、家賃を基準にして費用が決まるためです。表以外にも

  • 除菌消臭費用
  • 住宅用消火器
  • 24時間サポート

など費用が発生する場合があります。ただし不要な項目は断ることができるので、いらないと思えば思い切って断ってもいいでしょう。

しょう

部屋を借りる時の目安は家賃の5倍~6倍って言われるけど工夫次第で安くできるよ。

初期費用を安くする方法について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

毎月の生活費

一人暮らしの生活費用の平均は、12万2,032円(※)です。

※参照 総務省統計局

全国の一人暮らしの平均生活費用は12万2032円でした(家賃を除く)。この金額をみてどう感じましたか?僕は正直「結構生活費って高いな~」と思いました。もちろん生活費用には食費や水道光熱費、普段使っているスマホ代も含まれている金額です。

費用の項目一覧は以下の通りです。

食費35,418円
水道光熱費7,675円
生活用品費6,954円
被服費6,509円
保健医療費4,683円
交通費13,092円
通信費7,059円
娯楽費19,839円
その他(理美容・交際費)20,803円
合計122,032円
1世帯当たり1か月間の収入と支出(単身世帯)のデータ(~34歳の全国の男女)

引用 総務省統計局

表は全国平均の数値なので東京の場合もう少し高いイメージでいるといいかもしれません。いずれにせよ「どのくらい費用がかかるのか」を知っておくことは非常に大切です。

しょう

物価の高い東京は平均より高い!
実際に一人暮らしする時は、1割程度高くなると思っていいよ!

家具家電の購入費

一人暮らしする時の家具家電の購入費は、12万円~33万円です。そもそも家具家電はどういったものが必要なのでしょうか?必要な家具家電について見ていきましょう。

一人暮らしに必要な家具家電の一覧は以下の通りです。

必要な家具や家電価格
冷蔵庫20,000円~50,000円
洗濯機20,000円~50,000円
エアコン40,000円~80,000円
ベッド10,000円~30,000円
テレビ15,000円~50,000円
炊飯器5,000円~15,000円
電子レンジ5,000円~15,000円
デスク5,000円~20,000円
照明・ライト2,000円~10,000円
カーテン・レース2,000円~10,000円
合計12万4,000円~33万円
必要な家具家電の一覧

必要な家具家電を揃えると12万円~33万円の費用がかかります。全て新品を揃えるのも良いですが、費用を押さえていならフリマサイトの「メルカリ」や、リユース店の「セカンドストリート」がおすすめです。

・フリマサイト「メルカリ

引用 メルカリ (mercari.com)

メルカリなら手数料無料で購入することができます(手数料は出品者負担)。いまなら登録するだけで500ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。登録する時はクーポンコード「BXNPDH」を忘れずに入力してください。

登録はこちらから【メルカリ公式サイト】

②リユースショップ「セカンドストリート

引用 セカンドストリート (2ndstreet.jp)

セカンドストリートなら、全国800店舗を展開していてまだまだ綺麗で使える家電をお得な料金で買うことができます。家具家電だけでなく、衣料品も多く取り扱っていてよく利用しています。

お近くのセカンドストリートの場所はこちらから検索できます。

店舗検索| (2ndstreet.jp)

しょう

メルカリやセカンドストリートを使って、上手に家具家電の費用を節約しよう。

生活用品の購入費

次に生活用品にかかる購入費用を見ていきます。生活用品の購入費は、おおよそ1万円~5万円です。価格は年齢や性別、こだわりの有無によって多少個人差はありますが、価格帯を確認しておくのが大切ですね。費用の内訳は以下の通りです。

生活用品価格
寝具セット10,000円~20,000円
調理器具3,000円~8,000円
食器類2,000円~5,000円
掃除用具1,000円~3,000円
洗剤・トイレットペーパー1,000円~2,000円
タオル類1,000円~3,000円
合計約1万8,000円~4万1,000円
生活用品の一覧

生活用品は家具家電と違って一つ一つの価格は安いですね。ただしこだわりが強いと価格は大きく変動します。例えば、「寝る時のベッドはある程度良いものが欲しい」や「食器は欧米のものを揃えたい」などがあります。ご自身のお財布と相談しながら生活用品を検討してみてください。

しょう

100円ショップや3COINSを使うと生活用品の購入を安く済むよ。

・100円ショップ「ダイソー」

引用 ダイソー (daiso-sangyo.co.jp)

お近くのダイソーの店舗の場所が知りたい方はこちらから検索できます。

店舗検索 | (daiso-sangyo.co.jp)

②3COINS(スリーコインズ)

引用 3COINS

お近くの3COINSの店舗が知りたい方はこちらから検索できます。

3COINSショップリスト

引っ越し費用

5つ目は引っ越し費用です。引っ越し費用は距離や時期によって変動しますが、約2万円~10万円かかると思っておけば大丈夫です。ただし荷物の量が極端に多い方や、土日や連休など引っ越しの要望が殺到する日は料金が高くなるので注意してください。

引っ越し費用の一覧は以下の通りです。

 引っ越し料金の目安
 通常シーズン(5~1月)繁忙期(2月~4月)
10km未満約15,000円~20,000円30,000円~40,000円
50km未満20,000円~25,000円40,000円~50,000円
100km未満30,000円~40,000円50,000円~60,000円
300km未満50,000円~55,000円60,000円~70,000円
500km程度80,000円以上100,000円以上
引っ越し料金一覧
しょう

引っ越し料金はタイミングによって大きく変わるよ。引っ越し業者を選びに迷ったら業者一括見積もりがおすすめ。

相見積もりはネットで頼むと安くなる!!
\無料一括見積もりする/

目次に戻る

東京の一人暮らしの費用に関するQ&A

東京の一人暮らしの費用に関するQ&Aを紹介します。ここに掲載していない内容で聞きたいことがあったら、コメント欄か公式ラインから送ってくれたら返信させていただきます。

お金がない時はどうしたらいいですか?

お金がない時はどうしたらいいですか?

賃貸の入居費用を工夫すれば10万円以上安くすることができます。シェアハウスは通常の賃貸より初期費用が安くなる場合が多いです。

初期費用が安いシェアハウスはクロスハウスがおすすめです。クロスハウスなら東京でも最安家賃3万円~の物件を検索することができます。

しょう

家賃は5万円以上だと物件の選択肢が増えるよ。

一人暮らしの光熱費の平均はいくらですか?

一人暮らしの光熱費の平均はいくらですか?

一人暮らしの1ヶ月の平均光熱費は11,383円です。 内訳は水道代平均が約2,248円、電気代平均は約5,482円、ガス代平均は約3,001円でした。

参照:総務省「2021年度 家計調査 単身世帯(表1)」

東京23区で家賃の安いエリアはどこですか?

東京23区で家賃の安いエリアはどこですか?

東京23区で家賃の安いエリアは以下の通りです。

  • 足立区
  • 練馬区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 中野区

家賃が安くて住みやすさに定評なのは練馬区や中野区です。

東京23区で住みたい街を探している方はこちらの記事を参考にしてください。

目次に戻る

まとめ

「東京の一人暮らしに必要な費用はいくら?5つの項目」の解説は以上です。東京の一人暮らしには多くの費用がかかりますが、お金以上の素晴らしい経験になると僕は思っています。経験とは人との出会いだったり、新しい挑戦だったりするかもしれません。その実体験は、今後の人生を生きる上でとても大切な宝物になると確信しています。この記事を読んだ皆さんの生活がより良くなることを心から願っています。

また、記事の最後までお読みいただきありがとうございました。上京不動産では、部屋探しとインターネット回線選びに関する役立つ記事を執筆しています。もしよろしければ他の記事を読んでいただけたら嬉しいです。

しょう

賃貸探しとインターネット回線に役立つ情報をX(@sho_fudosan_oya)で発信しているよ。

目次に戻る

しょう
不動産大家
1991年生まれ・茨城県出身
大家4年・元消防士
一般財団法人インターネット協会会員
一般社団法人ソフトウェア協会会員

賃貸探し・インターネット回線選びに役立つ記事を書いています。部屋探しやネット回線・費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接しょう(筆者)へ気軽にご相談ください。

①公式LINEから相談
②SNS(X)のDMから相談
③お問い合わせから相談