D-room【大和ハウス】の評判は?実際に2年間住んだ大家が解説!

この記事の内容

  • D-roomのリアルな評判・口コミ
  • D-roomに実際2年間住んだ感想3選
  • D-roomを選ぶときの注意点3選
へやたろう

大和ハウスのD-roomが気になるけど、実際の評判や口コミってどうなっているの?

新生活で大事なのは住むところですね。特に部屋の中は、長い時間を過ごす場所なので失敗したくないところ。D-roomは数ある賃貸でも、快適な暮らしができる人気の物件です。そうは言っても「実際に住んでいる人はどう思っているの?」そう考える人もいるでしょう。

そこで当記事は「D-roomのリアルな評判は?選ぶ時の注意点3選」を解説します。実際に2年間住んだ経験があるので参考になると思います。

しょう

記事を読み終わる頃には、D-roomに住むかの判断をする手助けになるよ。

記事を読むと分かる3つのこと

  • D-roomのリアルな評判・口コミ
  • D-roomに2年間住んでみた感想
  • D-roomを選ぶときの注意点3選

D-roomの構造で多い軽量鉄骨アパートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

この記事を書いた人

運営者 しょう

不動産大家×Webライター

大家歴4年目

⌂東京23区に不動産を持つ大家

賃貸経営4年目・年間家賃300万円

〇保有する資格

FP2級・証券外務員Ⅰ種

SNSのX(旧Twitter)で部屋探しに役立つ情報を発信しています。

しょう@不動産大家×賃貸ブログ

気になる記事があれば、目次をタップするとすぐに本文が読めます。

記事の目次

D-room【大和ハウス】の評判は?

D-roomの評判・口コミを3つ紹介します。今回はSNSのX(旧Twitter)で調査しました。

防音性が優れている

「防音性が優れている」という口コミです。投稿にあるよう分譲賃貸は、建物にコストをかけているので防音性は高い傾向があります。家賃は高めの設定ですが、住み心地に重点を置くなら分譲賃貸マンションはおすすめです。

分譲賃貸マンションについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

快適に暮らせる住空間

「快適な住空間のダイワハウス」という口コミです。我が家にも写真右上にある「室内の洗濯干し竿」がありました。さらに南向きの部屋だったので、部屋干しでも洗濯物が乾いて便利。生活を豊かにする工夫がたくさんちりばめられている物件です。

D-roomの設備の例

  • 洗面収納
  • シューズボックス
  • キッチンフロア収納
  • 対面カウンター収納
スクロールできます

シューズボックス

キッチンフロア収納

対面カウンター収納

洗面収納

画像引用 大和ハウス工業

ネットの通信速度が速い

「ネットの速度に文句なし」という口コミです。通信速度が200Mbps以上あれば、動画の視聴やテレビ電話も問題なく使えます。なお、賃貸物件によっては100Mbpsが最大通信速度の場合があります。

通信側の目安

項目通信速度
メール・メッセージの送受信128Kbps〜1Mbps
ニュースサイトの閲覧1Mbps〜10Mbps
動画の視聴3Mbps〜25Mbps
オンラインゲーム30Mbps〜100Mbps
参照:株式会社ノジマ

賃貸物件のインターネット設備について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

目次に戻る

D-roomに実際に2年間住んだ感想3選

D-roomに実際に2年間住んだ感想を3つ紹介します。住んだ感想だけでなく「補償」についても実体験があるので、いざという時の参考になるのではないでしょうか。

隣の人の物音が聞こえなかった

2年間住んでいて隣の部屋の物音で悩むことは無かったです。おそらく新築の物件で防音性に優れていたのではないかと推測できます。実際にD-roomについて調べてみると、壁や床の遮音性能が高めの設計になっているのが分かりました。壁にはエクセレント使用を採用しており一般的な集合住宅より「聴感上3分の1」に抑えることができます。

画像引用 大和ハウス工業

防音性が高いと「隣の会話が聞こえてくる」や「子供の声がうるさい」といった問題が起きにくいメリットがあります。また騒音は、ご近所さんと大きなトラブルに発展することがあるので、防音性が高いD-roomなら安心して暮らせて良かったと思います。

設備がキレイで防犯性も高い

D-roomは、設備もキレイで防犯性が高いと感じました。設備自体のグレードが高いのはもちろん、アルソックの警備会社と提携していたので、安心して暮らすことができました。また収納の多さは、当時荷物の多い彼女と暮らしていたので助かりました。他にも、宅配ボックスがあるなどかゆいところに手が届くのもD-roomのメリットです。

収納の例

スクロールできます

シューズボックス

キッチンフロア収納

対面カウンター収納

洗面収納
  • シューズボックス:靴をたくさん収納できるので友人が遊びに来た際も問題ありません。
  • キッチンフロア収納:普段使わない鍋や調理機器を収納できます。
  • 対面カウンター収納:あえて収納部を見せるオシャレです。
  • 洗面収納:シャンプーの詰め替えなど置けて経済的です。

画像引用 大和ハウス工業

補償制度を活用できた

D-roomで加入していた保険を使ってロードバイクの修理代を払うことができました。というのも、ロードバイクが趣味で物件の駐輪場へ停めていました。その際、強風によって転倒しハンドル部分が損傷したわけです。その際、入居時に加入していた保険を使って修理代を申請しました。利用したのは「リビング補償制度」です。

画像引用  大和リビング株式会社

リビング補償制度は、入居時に加入する火災保険の代わりとなっています。補償内容は、家財の破損や汚損で補償金額は最大1億円です。実際に補償金を請求した手続きと経緯をご紹介します。

補償金を受取る経緯と手続き

  • もともと駐輪場にスタンドがなかった
  • 事故発生後、すぐにダイワリビングへ連絡
  • 保険会社に状況の説明・破損した写真を送信
  • 指示のもと部品の購入・領収書を送付
  • 保険金の振込み(手続き終了)

以上の流れで、申請してから約1ヶ月で銀行口座に補償金が入金されました。結論、D-roomは入居中のトラブルが起きた時も、経済的なリスクを軽減することができます。入居する際は、補償内容や保険について知っておくといざという時に安心です。

しょう

保険会社の状況説明では、当日の風速や停車のしかたなど詳しく聴取されたよ。

余談ですが、後日周辺のD-roomの駐輪場にスタンドが付いていました(10棟くらい)。担当者と会う機会があったので駐輪スタンドについて聞くと「全部で100万円以上かかりました」と言っていました。

目次に戻る

D-roomの注意点3選

D-roomの注意点を3つ紹介します。事前に気を付けるポイントを把握して失敗を防ぎましょう。

ダイワリビングでも仲介手数料が必須

D-roomでは、ダイワリビング経由で契約しても仲介手数料が発生します。疑問に思い当時の担当者に聞いたところ「ダイワリビングと管理する部門が違うので仲介手数料が必要」と説明を受けました。正直「?」でしたが、入居するためにしぶしぶ支払いました。本来、仲介手数料は貸主と借主の仲介した際に支払う料金です。管理する部門が違うとはいえ、自社物件ともいえるようなので疑問に思った記憶があります。

賃貸の契約体系仲介手数料
自社の管理物件(貸主)不要
他社の管理物件(仲介)必要
しょう

賃貸の仲介手数料を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてね。

賃貸探しで物件が見つけにくい

D-roomの物件は見つけにくいので注意しましょう。例えばスーモやホームズでは「D-room」に絞って検索方法が見つかりませんでした。そのため、「D-roomの公式サイト」を見るか「ダイワリビングの店舗」へ直接行って物件を紹介してもらう必要があります。

物件を探す2つの方法

しょう

店舗に行く前に希望の条件にあう候補を挙げておくと、店舗に行ってからの話がスムーズに進むよ。

賃貸探しの準備について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

物件によって仕様は大きく変わる

正直なところ物件によって住環境は大きく変わります。これまでさんざん話しておいてなんですが…。例えば、「防音性が高くて静か」といった口コミがあったとします。その口コミを信じていざ入居してみると、想像以上に物音が聞こえる…そんなことは珍しくありません。要はホームページの情報だけで判断しない方が良いということです。実際に物件を内見したり、担当者に建物の構造を質問するのが防音性などのトラブル防止に最も効果的な方法です。

入居してから後悔しない方法

  • 不動産担当者に建物の構造を聞く(防音性)
  • 建物にどんな人が住んでいるか聞く(住人のモラル)
  • 共有部の清掃状況をチェックする(住人のモラル)
しょう

不動産会社が作ったサイトに基本悪い口コミ載せないよね?サイト作成者を知るのも大事。

目次に戻る

D-roomのメリット3選

D-roomのメリットを3つ紹介します。

大手不動産会社で安心感がある

運営元の大和ハウス工業株式会社は、住宅業界でも有数の大手不動産会社です。テレビのコマーシャルでも流れるなど、知名度の高いのが特徴。長年にわたる経験と豊富な専門知識があるので、住む人のニーズに合ったサービスを提供できるのが強みです。また「大和ハウス」といった有名な不動産会社に住んでいる、といった安心感もある程度あるのではないでしょうか。

画像引用 ダイワハウスの賃貸

モラルの高い住人が多くて治安が良い

D-roomはモラルが高くて治安の良い特徴があります。これには以下の理由があります。

  • 入居時の審査が厳しい
  • 家賃が相場よりも比較的高い

入居時の審査が厳しいので「ちょっと変な人」が契約できないように一定のふるいを設けています。変な人が入居してしまうと、周りの人に大きな迷惑が掛かってしまいます。そのため、入居審査で保証会社と不動産会社で慎重に入居者を決めています。

また、D-roomは立地が良く設備も整っているので家賃が相場より高い場合があります。家賃の安い物件より、家賃の高い物件を選ぶ人の方がモラルの高い可能性は十分にあります。

家賃をクレジットカード払いできる

家賃の支払いにクレジットカードが使えます。現在、家賃の支払いは口座振替が一般的です(今でも現金渡しの人も一定数います)では、家賃をクレジットカード払いにするとどのようなメリットがあるでしょうか。主に3つのメリットがあります。

  • 家賃の払い忘れを防ぐことができる
  • 手数料不要で家賃が払える
  • クレジットカードのポイントが貯まる

画像引用 大和ハウスフィナンシャル

クレジットカード払いなら、自動で行われるので払い忘れたり手続きの手間を省くことができます。また、クレジットカードのポイントが貯まるのも大きなメリット。記事を読んでいる人の中には、「クレジットカードで家賃を払いたい」そんな考えをした経験はありませんか?D-roomなら他の物件で難しいクレジットカード払いができます。

しょう

実はD-room以外の物件でもクレジットカード払いにする方法があるよ。

家賃のクレジットカード払いに興味がある方はこちらの記事を参考にしてください。

目次に戻る

D-roomのよくある質問3選

D-roomのよくある質問を3つ紹介します。

D-room 物件って何ですか?

D-room 物件って何ですか?

D-ROOMは、大和ハウスグループが運営する賃貸住宅の名称です。

  • 幅広いご入居者に選ばれる
  • 高品質で住み心地の良い賃貸住宅

タダシ物件・サツキ物件とは何ですか?

タダシ物件・サツキ物件とは何ですか?

タダシ物件:敷金・礼金・更新料が無料の物件のこと。引っ越しの初期費用を抑えたい人にぴったりのサービスです。ただし、費用は完全無料になっているわけではなく、毎月の家賃に上乗せされている場合がほとんどです。

サツキ物件:火災保険の申し込みや光インターネット契約など、面倒な手続きをしなくても部屋を借りることができます。

サツキ物件のサービスの例

  • 思わぬ事故の保険請求
  • インターネットがすぐに使える
  • 電子書籍と漫画が読み放題
  • 家具家電付きの物件に住める

画像引用 D-ROOM

D-room はうるさいと聞いたんですが…?

D-roomはうるさいと聞いたんですが?

物件によって状況は異なります。私が住んでいたD-roomは、新築の物件で生活音でうるさいと感じたことはありませんでした。ただし、廊下の階段を下りる音(最上階だったので隣に住んでいる人)は、聞こえた記憶があります。その他の会話や物音はほとんどなかったです。

しょう

建物の間取りや隣に住んでいる人によってうるさいかどうかは変わってくるよ。入居者のモラルや性格を知っておくのが大切かもしれないね。

軽量鉄骨アパートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

目次に戻る

まとめ

D-room【大和ハウス】の評判は?実際に2年間住んだ大家が解説!は以上です。D-roomのリアルな感想は3つあります。

  • 隣人の声は気にならなかった(階段を降り音は聞こえた)
  • 設備がキレイで暮らしやすかった
  • ロードバイクの修理を無料でできた(保証制度の活用)

D-roomは「住みやすくて快適な暮らしができる」賃貸物件です。検討している方は、評判や口コミを参考にしつつ、自身の目で確かめるのを強くおすすめします。この記事を読んだ皆さんの新生活がハッピーなものになるのを心から願っています。最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

しょう

記事の質問や聞きたいことがある人はX(@sho_fudosan_oya)のDMで気軽に送ってね。

目次に戻る

しょう
不動産大家
1991年生まれ・茨城県出身
大家4年・元消防士
一般財団法人インターネット協会会員
一般社団法人ソフトウェア協会会員

賃貸探し・インターネット回線選びに役立つ記事を書いています。部屋探しやネット回線・費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接しょう(筆者)へ気軽にご相談ください。

①公式LINEから相談
②SNS(X)のDMから相談
③お問い合わせから相談
記事の目次